キャンプ場イヌミシュラン File#05 フォレストパーティー峰山

2017年11月23~25日の2泊で、千葉県君津市にあるフォレストパーティー峰山へキャンプに行って来ました。目的は紅葉の中、亀山湖でカヤックをするためのベースキャンプ場として多少遠いけど割と良さそうだったので初めておじゃまする事にしました。

キャンプ場へのアクセスがとにかくヤバい事で有名なキャンプ場ですが、キャンプ場としての実力はいかに。人だけじゃなく犬にとっても快適か否かについて今回も独断と偏見で厳しい評価を。

訪問前 情報収集~予約まで

訪問前:情報収集~予約までに関してのチェックポイントは以下の通り。

  • キャンプサイト情報の分かり易さ
  • 料金システムの分かり易さと金額の妥当性
  • イヌの扱い
  • 予約確認やその後のコミュニケーション

キャンプサイト情報の分かり易さ ★★★☆☆

キャンプサイトのHPはシンプルながら非常に綺麗に整理されており、見易いんだけど…

個人経営のキャンプ場らしからぬシャレオツサイトなのは良いけど、各キャンプエリアの広さやその様子が全然わかんない。(文でチョロチョロっと説明があるだけ)さすがにバンガローは丁寧に説明されているけど、それぞれの立地をもっと詳細に伝えて欲しいと感じる。今のサイトだと、どのエリアの予約を取ろうか分かり難い。我が家は関係ないけど、バンガローは山の中腹を削り取ったまさに山の中にへばりついている。アプローチはかなりの急坂だったりするので、きちんとした写真情報が無いと、「こんなはずじゃなかった」になりかねないのが☆ひとつ減

バンガロー内部写真。こんな感じの写真が貼ってあるのでどの位の広さなのかが分かってとても良い。でも、必要なのはどんなトコに建っているかって情報…実際、バンガローはとんでもないトコに建ってたりするのはHPからは1ミクロンも分からなかった 出典:フォレストパーティー峰山HPより

あと、予約フォームをHP上から送信できるけど、空き状況はどこにも載ってないのが☆ひとつ減。なら、予約フォームなんかじゃなくって、電話番号書いとくだけでOKなんぢゃ?と思うのは僕だけか…? 必要もない機能をHPに掲載している意味がイマイチ良く分からない。

一見ちゃんとしてそうだけど、希望サイトを第一~第三まで書かせてる。サイトの開き状況はHPからは分からないし、各サイト個別の説明もイマイチ足りない… 出典:フォレストパーティー峰山HPより

料金システム ★★★☆☆

平日ならかなりのお得感!★★★★★

とにもかくにも2017年は平日(祝日も)に行くべきキャンプ場!現在、「16周年平日キャンペーン」中。オートキャンプサイトだと、レギュラー6,000円  トップシーズン7,000円  冬季バリュー価格 5,000円と、我が家ルール「よっぽどの事が無い限り泊5,000円以内で納めたい」ルールに抵触しちゃいます。(行ってみて分かりましたが、途轍もなく広いサイトだったので、まぁ、それもありかもですが…)ただ、平日だと…二人で2,000円/泊!!!これはお得感満載。

休日との落差が ★☆☆☆☆

ただ、ここまでお安いと、土日に6,000円払えるか。。。と言うとね。2,000円で泊まっちゃうと、いきなりの3倍だからねぇ…あの北軽井沢スィートグラスに匹敵するブッコワレ価格設定に唖然(笑)

高規格キャンプ場 北軽井沢スウィートグラスの訪問記。犬とキャンプの視点で勝手に評価

犬の扱い  ★★★★☆

非常に犬フレンドリーなキャンプサイトで、自然の地形を利用しているだけあってワンズも大喜び。

犬に関する注意事項は、ルール・ガイドマップ。と言うところに記載されていますが、極めて常識的な範囲。きちんと飼い主のモラルが問われている感じなので、気が引き締まる思いです。

◆ペットと仲良く!でも、エチケットは忘れないでください。
お散歩の時にはリードをお忘れなく!行方不明になってはたいへんです。
いつもとは違う環境にペットちゃんもどきどき。必ず大人の方にケアをお願いします。

出典:フォレストパーティー峰山HPより

予約後のコミュニケーション ★★★★★

個人経営のキャンプ場ですが、予約後きちんと手紙で予約日、予約サイト、注意事項をお知らせ頂き、安心して現地に向かう事ができました。満点!

キャンプ場から頂いたお手紙

訪問前…まとめ ★★★☆☆

しっかりとしたHPだけど、ビミョーに欲しい情報に手が届かないもどかしさが☆ひとつ減。料金システムは今年の平日ならば非常に安く何泊でもしたい位良心的価格なんだけど、土日になった途端3倍…やっぱり適正価格ってもんがあると思うんだけどね…キャンプ場経営大変なのは理解しているつもりなんだけどね…

実際にフォレストパーティー峰山に行ってみて

現地でのチェックポイントは以下のとおり。

  • キャンプ場までのアクセス
  • アーリーチェックイン、レイトチェックアウト等の融通はきくか?
  • ヒトにとって快適なキャンプ場か?
  • イヌにとって快適なキャンプ場か?

キャンプ場までのアクセス…東京から1時間ちょいだけど ★☆☆☆☆

フォレストパーティー峰山は、我が家からだとアクアライン経由で1時間前後で到着しちゃうので、本当に近くてお手頃なキャンプ場なんだけど…

このキャンプ場を有名にしているのが、キャンプ場入り口までのアプローチ。とにかく車一台がやっと通れるかどうかの細い山道をただひたすらに登って行きます。この日は雨上がりと言う事もあり、コンクリートらしき道らしき所はツルツルに滑るは、コンクリートらしきものが無い所は大きな水たまりがあちこちに…

一歩間違えれば崖ぞこにクルマもろとも。ってスリルを通り越した恐怖を感じながらのアプローチです(笑) おかげで我が家のレヴォーグですが、サイドのモールにザクっと傷が…(涙)

一度位ならスリルと初めての楽しさがあるキャンプ場までの道ですが、これが日に何度か。ってなると話は別。キャンプ場内にはシャワーしかないので、この時期は麓(笑)の温泉施設にこの道を下りて行かなきゃいけません。なんか買い忘れたらまたこの道を登り降りして。

もし、夜中にうちのワンズでもツレでも自分でも具合が悪くなったらと想像したら、スリルだ非日常だタイムマシンだと言ってらんないな。こりゃ…なんて思った次第。物には限度がある。ってもん。そういう意味じゃこのアプローチは「度が過ぎます」(笑) 全然嫌いじゃないけどね。

アーリーin レイトoutもちろんOK ★★★★★

ここのチェックインは14時、チェックアウトは11時と割と遅いチェックイン時間なので、アーリーチェックインも当然考えました。ただ、当日は午前中いっぱいかなり激しい雨が降り続いていた事もあり、雨の中設営はちょいと嫌なので、せっかくなので近所観光を雨の中済ませました。確認したところ、アーリーチェックイン全然OKです。

また、雨でぬかるみが酷くてちょっとシンドカッタので一日早く切り上げて、チェックアウトが13時過ぎになっちゃったけど、全然レイト料金も請求されずに本当に良心的でした。満点!

大雨なので急遽近隣観光へ

と言う事で、雨もやみそうにないので、初日午前中は急遽近隣を巡る事に。

道の駅 ふれあいパーク君津に食材の買い出しのために立ち寄りました。辺りはしっかりと紅葉も進んでおり、これからのキャンプに期待が高まります

激しい雨のなか、近隣のおばちゃんたちが、軒下で野菜を売っていました。やっぱりキャンプに来たら地産地消。地元のお野菜を頂くのが正解

道の駅で購入した卵。青い卵や赤い卵。大きさもバラバラだけど、それぞれ味が濃くで美味い! 旅先の卵食べ比べ。ってのも旅の楽しさだったりします

さっきの卵で作ったプリン。ワンズも食いたくて食いたくて。ってちょっと食ったんだけどね

ちょっと早いお昼に、道の駅の向いのラーメン屋、「麵屋旨臓」へ。食べログとかみると、地元の食材を使って地元ラーメンを出してくれるそうなので立ち寄ってみました。

君津市の食材を使用して作ったまぜそば。「君そば」

限定竹岡式ラーメン?の赤。竹岡式ラーメン云々の前に、ラー油強すぎ…勝浦タンタン麺の様な味。元々勝浦タンタン麺が苦手な僕は…

竹岡式ラーメンとは、千葉県内房周辺で作られているご当地ラーメンである。

竹岡ラーメンの特徴は独特の作り方にある。スープは、醤油ダレに麺茹でに使用した湯(または何も入れず沸かした湯)を入れるのみであるその醤油ダレにはしっかりと肉のうま味が溶け込んでおり、湯を加えることで見た目は濃いがまろやかな味のスープとなる。薬味には玉葱の角切りを使う。

出典:Wikipedia

…だそう。ま、無理に食べな…(ry

時間もいい感じに潰せた&雨もちょうど良くあがったので、キャンプ場へ向かおうと思ったのですが、ラーメン屋から1㎞のところに、インスタで爆発的人気になったジブリの世界云々と話題の濃溝の滝があると言うじゃないですか。

長い事インスタグラムは楽しんでますが、正直インスタ映えとか興味ないのですが、目と鼻の先にあるってんで行ってみたところ…

このありさま…昨日からずっと雨で大増水…この穴に正対するために、水の中に入って撮るのが定番らしいですが、そんなことしたら水難事故に(笑) 12時位だったので、朝日がこの穴に降り注ぐ様も無理とガッカリ感MAX

カヤックのベースにも良い立地

今回、このキャンプ場に決定した理由のひとつに、亀山湖にもそこそこ近い点が挙げられます。

本当は亀山湖近くのキャンプ場にしようかとも思ったのですが、例の坂道に興味があったのと安かったので(笑) 10㎞ちょいの立地は全然問題ないです。亀山湖は細く入り組んだ湖で湖岸も船が自由に乗り入れ出来る場所も少ないですが、笹地区湖畔公園駐車場ではカヤックの組み立て~出艇が可能です。

2日目の午前中から、例の山道を下り、笹地区湖畔公園へ向かいます。

笹地区湖畔公園で組み立てた我が家のファルト(フォールディングカヤック)ARFEQ VOYAGE460T もう2人乗ってます

湖から臨む亀山水天宮

神々しいお姿

ブリュッセルグリフォンのけむく(Lee)ものんびり眺めています

次女のプチブラバンソンのわか菜も温かく穏やかな湖面(雨上がりで汚い)にご機嫌

1週間位早い気もするけど、かなり良い感じに紅葉も進んでいます

3時間程度のカヤックを楽しんだ後は、温泉です!

カヤックの後は温泉に

亀山湖でカヤックを楽しんだ後、絶対おすすめのレストラン&温泉は、笹地区湖畔公園から1㎞も無い所に位置する湖水亭嵯峨和さん。こちらは旅館なんだけど、ランチタイム営業もしています。

ま、そんな宿は日本中に掃いて捨てる程あるんだけど、こちらの素晴らしい所は「食事の方は温泉無料!」のところ。先に料理をオーダーしてそれを待つ間に風呂に入って来ると言う初めてのスタイルなんです♬

料理は凄いボリウムの鍋料理がメイン。名物が猪鍋なんだけど、イノシシは野趣溢れる味なので、豚と猪のハーフ&ハーフ鍋(笑)を注文

ナトリウム炭酸水素塩泉。黒湯(ラジウム鉱泉)はヨード分が多く、美肌効果があり、お肌をつるつるにしてくれるとの事。本当に真っ黒なヨード温泉でした

洗い場3つに、小さな湯舟しかない露天風呂ですが、露天風呂からの景色はこの通りの絶景

やっぱりカヤックは冷えます。大満足の湯に大満足の食事で体の芯まで温まってからキャンプ場に戻ります。

人にとって快適か? ★★☆☆☆

とにかく広いオートキャンプエリアとキレイな共用スペース ★★★★★

基本的に、このキャンプ場はバンガローが主であって、キャンプエリアは従の位置づけかな。とは思うのですが、とにかくオートキャンプエリアは広い。びっくりする位広く、トイレも水屋も完備されていて言う事無しです。オート以外は駐車場から荷物を運んでのキャンプになります。(地図の左上はクルマ横付け出来ません)

地図だと全く分かりませんが、僕たちが泊まったオートキャンプエリアは、キャンプ場の中で最も低い場所にあります。道が見えますが、縦の道は全て超絶急坂ばかりです。但し、トイレも水屋も敷地内にあるのでどこにも行く必要はありません 出典:フォレストパーティー峰山HP

雰囲気満点の受付棟。あの山道を登りきったところで待っているホッとする素敵な空間

この広さ!ここでほぼエリアの半分。平日・祝日なら一泊2000円(2人)って激安!ここを2組で使用なんてとっても贅沢。奥に見えるのが水屋。お湯はでませんが、蛇口2口あり

設営。寒いのでオープンタープではなく、小川のロッジをシェルターとしてリビング使用。真ん中に焚火エリアを作って、テントは小川の黒ピルツ

トイレ。手作り感満載で若干入るのに勇気が要ったのは最初だけ…

着替えも楽勝で出来る位広いトイレの中は洋式の水洗トイレ。とてもキレイに掃除が行き届いていて嫌な所が全くありません

トイレに飾ってあった。よーく見たら、このキャンプ場は、いきものがかりの1stアルバムの撮影地だぞう。聖地巡礼にどうぞ(僕は興味ないので…ごめんなさい)

絶景ももちろん評価のうち。最高の眺望 ★★★★★

雨上がりで滑る滑る急坂を息を切らして登ると、今にも錆落ちそうな展望台とどうしてこんな所に民家が…(唖然)が現れます。(オーナーさん宅らしいです)

しかし、そこからの景色の素晴らしい事ったらないです♬

夕焼けに仄かに浮かぶ富士山。千葉からもこんなに綺麗に見えます

カメラの望遠が全く足りずに分かり難いですが、山の稜線の向こうに薄っすら見える東京の高層ビル群。スカイツリーも見えるらしいけど見つけられず

(平日なら)安い、広い、共用施設は綺麗。晴れれば最高の景色。と言う事無しで本当に良いキャンプ場なのですが…

とにかく絶望的に水はけが悪い ☆☆☆☆☆

キャンプ前日は一日中雨、当日も午前中まで割と激しい雨のキャンプになりましたが、無事に午後から晴れたのですが…

サイト到着してみたら、水たまりだらけ。管理人のアンちゃんが一生懸命ポンプで水たまりの水を吸い上げ&川になっている所はぼろ布を敷いて水を吸い取ってくれたのは本当にありがたかく、これまたキャンプ場の評価UPなんですが、、、それにしても全然水が捌けない。粘土質の土壌は全く水を吸い込まないです

サイトが途轍も無く広いので、なんとかテント等を張る場所は確保出来たのですが、これで先客がいたらどこにもテントが張れなかったのは事実…

最終日になっても、水は捌けず仕舞い…ここまで酷い土壌は今まで数限りないキャンプ場にお邪魔していますが、最悪のひとつでした(涙)

帰る日の午前中でまだこんな感じ。それまでの間雨は一切降らずPカンの天気続きでこれでした

サイトを出入りするだけで、我が家のクルマもこのザマ

クルマの汚れの前に、割と良くなって来た地面でこんな感じ。で、写真に収めるのを忘れましたが、里山のキャンプ場なので、足を泥だらけにしたネコがクルマの上をバタバタと走り回って、ボンネットから天井からネコの足跡だらけに…

やっぱりここまで水はけが悪いともうどうにもなりません。楽しめる限度を超えています。本当に残念ですが、雨の多い時期はここは避けた方が良さそうと言わざるを得ません。

犬にとって快適か ★★★★☆

この時期の平日はガラガラでしたので、サイト内をノーリードで走り回るワンズ。山道も彼らにとっては楽しいフィールドアスレチック。水たまりの処理をしてくれていた管理人のアンちゃんの周りをワンワン走り回る始末…

急坂を転げ落ちるように降りて行くワンズ(ブリュッセルグリフォンとプチブラバンソン)

撤収時、良い天気でトロットロのワンズ

総合評価 ★★★☆☆

今回おじゃましたタイミングが大雨の後と言う事もあり、そこはかなり不利な条件と言うのを差し引けば★3つ(平均点)はあげられると思うのですが、雨の印象があまりにも悪く心情的には★★くらいです。本音を言うと。

  • キャンプ場へのアプローチの急な山道は一度ならスリルで済むけど、毎日何度も登り降りする気にはさすがになれない
  • とても広いキャンプサイトは最高の一言
  • 管理人さんも、共用施設も、展望も最高
  • 今年(2017年)平日であれば格安で利用可能!
  • 但し、あまりにも水はけの悪い地面は最悪で、連泊する気も失せてしまう位何日も乾かない状態が続くのだけは最悪でした

雨の季節は絶対に避けたいけど、天気の良い日だったらもう一度訪れたい(リベンジしたい)キャンプ場でした。

…ただ、このブログを読んで下さる方はお分かりかと思いますが、現在ハイエースのスーパーロングに乗り換えを検討中であり、そうなるとあの山道はもう登る事はできませんね…

ブログランキング犬キャンパー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。